FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top under∨
塗りはこうすべし!
2013-11-27 Wed 16:00
「塗りはこうすべし!」

こうすべし!なんてタイトルですが
私の体験談をもとに記憶を頼りに書き殴ってますので
「やり方間違ってるよ~( *´艸`)」
な~んて事もあるかと思いますがご了承くださいませm(__)m


塗りの工程に入りました~
使用するのはチューブ入りの浦島漆~

茶:黒:透=1:1:8の割合でガラス板に出し
薄め液を3割ほど加えて
竹べらでよーく混ぜます

混ざったら筆の根本まで漆をひたひたにつけます。

最初は糸巻き部分に塗ります

竹を回しながら厚くならないように上から下へ塗ります。
(糸の隙間に入り込むように筆先は糸に対して平行に)

塗り終わったらすげ口部分にもポンポンと軽く塗ります。
(中に入っても最後にやすりで調整するので特に気にしなくて大丈夫です!)

塗り終わったらストッキング(間にティッシュを挟み込むとやりやすいそうです)で拭き取ります
(出来る限り一回で拭き取れるように頑張る)

竹部分は縦に塗ります、拭き取りも同様です
その後24H乾燥させればOK!だそうです(*´ω`)

「わ~先生むらむらです~( ゚Д゚)」
「わ~先生ゴミがついちゃいました( ゚Д゚)」

なんてあわあわしながら塗ってきました。

「それじゃあ、残りは黒3回、どうぶき5回塗ってきてください」

ということで本日からお持ち帰りです。






まずは乾燥させる際においておけるように室を作ります。

といっても本漆ではないので気を付けるのは

埃だけです。(受け売りですが(*´ω`*))

ということで蓋付きの箱に保管すると良いという事なので

だんぼ~る~(/・ω・)/□

ガムテープで隙間を張って・・・ん?
これ蓋ちょっと開いちゃうよね・・・

がさがさ・・・

発砲スチロールようき~(/・ω・)/□

これならワンタッチで開け閉めOKじゃん!!
漆に良いのかわからないけど、これに決定~

適当に切込みをいれて完成~

本日はこのあたりで

「次回、むらむらを退治せよ!」  へ続く(/・ω・)/

スポンサーサイト
別窓 たなご釣り コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
<<むらむらを退治せよ! たなご釣りはじめました* おいらは長靴、名前はハンター>>
この記事のコメント
∧top under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


∧top under∨
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。