FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top under∨
和竿を作りに行こう!(●´ω`●)
2013-11-25 Mon 11:42
はい第二回ですよ~(∩´∀`)∩ぱちぱち

和竿屋さんに電話で確認すると

「いつでもいいですよ~大体簡単な物で3時間位で出来上がりますよ」

との事。

早速しゅっぱ~つ(/・ω・)/

愛チャリを走らせ辿り着いたそこは、こじんまりとした趣のある
お店でした。

ちらっと覗いてみると先客が3人もいらっしゃるようで
なかなかの人気店のようでした。


「こんにちは~、タナゴ竿でお電話差し上げた知之すけと申しますが・・・」

どきどきしながら店内に入ると様々な竹や和竿が所狭しと陳列され、

圧巻の一言

そんな店内の一番奥に先生が座ってらっしゃいました。

「あ~もしかしてこの間お電話下さった・・・」
「はい!」

そんなこんなで様々な仕様?のたなご竿を見学し
初めてということもあり、本当は3本継が良いそうなのですが
先生と相談の結果4本継を作る事になりました。

素材はすでに火入れ、芽とりの済んだ4本に切られた状態からスタートです(/・ω・)/

まずは4本の竹の節を揃えてはみ出した部分を切り取ります。
細い所は彫刻刀で、太い所はセロハンテープを巻いた後、のこぎりで切り落としました。

が!!意外と固い!( ゚Д゚)!

うんうん唸りながら格闘していると

「回しながら皮一枚切込みを入れる感じで一周すると切りやすいよ。竹も割れにくいしね!」

常連さん?から天の声が!

レッツトライ(/・ω・)/

ぎこぎこ・・・切れた~

なかなか楽しいかも(*´ω`)

そんなこんなで糸巻きに移行しましたが
これまた難しい(;´・ω・)

きつく一定のリズムで巻くのがコツ

らしいですが・・・いった~!!
てぇがツル!
も。なんとか巻き終わり
継の部分の加工に移ります。
ドリルで少しずつ穴を明け、微調整はこすぎ棒という
棒やすりで仕上げます

何とか竿らしくなってきましたよ!


というところでタイムオーバーです。
本日の作業はこれまで、また次回です。

先生もお客さんも色々と教えて下さってとても楽しく
竿をつくれました(*´ω`)
はまっちゃいそうですね(*^-^*)
写真はちょっと取り忘れてないので次回はなんとか載せようと思います(´・ω・`)

「次回、塗りはこうすべし!」  へつづく(/・ω・)/

スポンサーサイト
別窓 たなご釣り コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
<<おいらは長靴、名前はハンター たなご釣りはじめました* おはつにおめにかかります~(*´ω`)>>
この記事のコメント
∧top under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


∧top under∨
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。